toggle
Blog
  • 2021年10月24日

    お気に召すまま

    昨日を少し、近くに感じる夜 それは微熱を伴って ほだされ、訝しげに  わたしに迫ってくる そして、 一等ストレートにしたためている言葉...

    続きを読む

  • 2021年10月20日

    偶然の音楽

    幸せ過ぎて、どうしよう 人は  幸せだから狼狽することもあるんだな 特別な何かを持っていなくても 全てを享受して まるごと愛せたならば...

    続きを読む

  • 2021年10月17日

    スプートニクの恋人

    わたくしの背中は押された スプートニクは何を記憶したか 羽は軽く 宙に手繰り寄せられて 無垢で無邪気な勇気となり 押し出され向かう わ...

    続きを読む

  • 2021年10月14日

    かわいい女

    春の熊みたいにかわいい人 にっこり笑って 目尻を下げたまま わたしのこしらえた簡素な食事を うまい、うまいと平らげる そしてまた満足げ...

    続きを読む

  • 2021年10月14日

    夜想曲集

    穏やかな日常に 柔らかに震える真夜中の電波のシンクロニシティ 台所のテーブル椅子に腰かけ 受話器の向こうから聴こえる 仕事終わりの小さ...

    続きを読む

  • 2021年10月13日

    Never let me go

    言葉に出来なかった想いが はらり、はらりと文字にほどけ 浮いてはじけるシャボンのように 儚く消えて、空を掻く 夢、 それは秋の夜の永い...

    続きを読む

  • 2021年10月12日

    ワールズ・エンド

    悦を知り 辛酸を舐め したためてきた言葉たちを アルバムをめくるように紡ぐ 記憶を頼りに芽を出した風景は わたしの秘密の花園 浸潤する...

    続きを読む

  • 2021年10月11日

    すべての、白いものたちの

    わたしの前に一番はじめに姿をあらわしたものを ためつすがめつ眺め 情熱をこめて、るる語り まっさらな言葉の花々を摘むような いっぺんの...

    続きを読む

  • 2021年10月11日

    ムーン・パレス

    あなたのひとしずくと わたしのひとしずくが ぽとんと滴り落ちる瞬間 一枚のお皿の上で 命を得たひとひらの料理たちが よろこびに溢れた踊...

    続きを読む

  • 1 5 6 7 8