toggle
2022-06-20

2022 6/20

心置きなく

吐露できたら。

 

それは私の誠意の希望ではないから

もっと詩的に

もっと比喩を用いて

表現を私の味方にできたら。

 

一通の短い連絡で

つま先から、頭のてっぺんにまで

明るいトーンで私が塗り替えられて

それが悔しくて

少しじたばたしてみるんだけれど

やっぱり笑みは自然とこぼれて

頬を赤らめつぶやく、あぁ好き。

 

もったいぶらないで私を頼ればいいのに。

うそ。

ひとりで解こうとしないで、

私に少し、寄りかかって。

この物語は

ひとりで紡ぐには

あまりにも、脆弱