toggle
2022-12-07

2022 12/7

私のどこまでも自由な感性と

常識にとらわれない伸びやかさ

その才能を好きと言っていたくせに

いざ、手の伸ばせば届く親密さになると

とたんにあれだめこれだめそれはよくない

それなのに自分の欲だけは満たそうとする

まるで私がそれを望んだかのような振る舞いで。

本当に尊敬してたし

本当に好きだったのになぁ

もうあんまり惨めで、悔しくて

ずっと踏みにじられてきたのに

言い返すこともできなくて

それでもまだ気持ちがあるから

そんな自分が情けない。

失いたくないと思うほど

心底、自分が嫌になる。