toggle
2022-04-18

遠い山なみの光

春になると

暗いトンネルの奥に

自ら身を投じていく人を

もう私の生きてきた三分の一ほど

隣で見てきたものだから

慣れているとわかっているはずなのに

嵐の夜が来るたびに

私はどうしようもなく打ちのめされて

記憶の中の幸福でさえ

跡形もなく粉々になるのだけれど

蜘蛛の糸を掴むように

ひとすじの光を手探りで手繰り寄せては

何事もなかったように

その夏と秋と冬を人のぬくもりで過ごし

けれど

もうないのだ

心は、私の心は

ただ空に舞う埃のように

やすやすと散り

そしてこれらは私が望んだものなのかと

愕然とするのだ

春になると

私は愕然とするのだ