toggle
2021-09-27

愛について語るときに我々の語ること

絵を描いて、それが完成して、私の手から離れた瞬間から、それはもう私の物ではなくて、すべての誰かのものになる。

絵だけではなく、文章も他の何かの作品や表現も。

受け取る側の感受性が全て。

そういう感覚がずっとあった。

自分の話す言葉も、自分の中から放たれた瞬間に、やはりそれはもう、相手のものになるんだなぁ。

私の感受性が全てで、

あなたの感受性が全て。

世界は見たいように見えるし

見たいように見られる。