toggle
2022-04-20

わたしたちが孤児だったころ

わたしのたましいと

わたしのにくたいと

ただのいま

それらはわたしのさがのまっただなか

どうしようもなかった

なぜも

どうしても

りくつではせつめいできない

まるでしんせんなたまごのきみのように

つややかにうすまくがはる

おれんじがかったきいろ