toggle
2022-04-19

ティンブクトゥ

おおよそわたくしの生理と同じにやってくる

 

ほんのひとときのファンタジーがあって

 

まるで遠足の前の日の夜の子供のように

 

それが楽しみで楽しみで仕方がない

 

その瞬間は

 

日常の生活の中にあるすべての曖昧模糊が

 

1秒よりも短い速さで

 

宇宙の彼方に飛んでいく様は

 

当のわたくしが見ても

 

あんまりに滑稽で

 

声を出して笑い

 

ティンブクトゥまでひとっ飛び

 

なんて単純

 

なんて明快

 

あぁわたくしは本当に愚かだ